シルバーカー マーチA 島製作所

重い荷物を持つのが大変な方はシルバーカーを利用すると楽になります

両親へのプレゼントにシルバーカーを選びました

「少子高齢化社会」と言われてからずいぶん経ちます。
いまでも「日本は高齢化社会だ」と言っている人がいますが、これは間違いです。
高齢化社会というのは65歳以上の人口が全体の7%以上の場合です。
この構成比が14%以上になると、高齢化社会ではなくて高齢社会となります。
日本は1994年から高齢社会です。

そして、現在はついに「超高齢化社会」になりつつあります。
「超」がつくのは、65歳以上の比率が28%以上です。

2030年になると、この比率は31.6%になると予測されています。
この時点で日本人の平均年齢は、なんと50歳を超えます。

超高齢化社会で何が重要かというと、高齢者の自立です。
若い人につかまって歩くという事が難しくなってきています。
若い人の比率が低くなって、高齢者の面倒を見る余裕がなくなってくるからです。

マーチA チェックベージュ (島製作所) (シルバーカー)


そこで注目するのはシルバーカーです。
シルバーカーは次のように定義されています。
「自立歩行可能だが,屋外での物品の運搬や長距離の移動が困難な主として高齢者が,歩行の補助や品物の運搬及び休息に用いる.」

つまり歩行器の様に、歩くための道具ではなく、荷物を運ぶものという事ですね。
一人で歩けない場合は危ないのでシルバーカーで外出してはいけません。
シルバーカーはつかまって歩くものであり、体を預ける様な使い方は危険です。

シルバーカーの安全品質が非常に重要になります。
シルバーカーの安全に関する基準を満たしているものには、SGマークというシールが貼ってあります。
これはSG基準を満たしているという事です。
SG基準は細かく決められていますが、ここでは省略します。

シルバーカーを選ぶときは、必ずSGマークのあるものにしましょう。


シルバーカーは、自立歩行が出来る方向けです。
一人で歩くのがつらいと感じる時や荷物が重くて持てない時には、シルバーカーが便利です。
歩くときにサポートする色々な機能が考えられています。
そのひとつに前輪の動きがあります。
島製作所の「マーチ」には「前輪2WAYキャスター」という機能があります。

シルバーカーというのは、直進性と小回りの両方が求められます。
小回りをよくするために、前輪を360度自由に動くようにすると直進性が悪くなります。
つまり、右に左にゆらゆらと揺れて前に進みにくくなります。

前輪を固定すると非常に歩きやすくなりますが、方向転換するときにはコツが要ります。

この問題を解決するのが「前輪2WAYキャスター」です。
簡単に説明すると、前輪をまっすぐ前に向けて固定した状態(0度回転)と、約60度まで回転出来る様にした状態の2通りから選択できるという機能です。

島製作所のマーチには、マーチAとマーチSがあります。
大きさと機能は全く同じです。
マーチAはアルミ製でマーチSがスティール製です。
重さがアルミだと6kgですが、スティール製だと7.7kgになります。

使い勝手を考えて軽いアルミ製のマーチAをお勧めします。
色や柄は自分好みのものを選んでください。


だんだんと歳をとって、歩いていると疲れて休みたくなりませんか。
買い物へ行くと、荷物が重くて持って帰ってくるのがきついと感じませんか。

こういう時はシルバーカーが便利です。
歩くのにも身体のバランスを保ちやすくなります。

シルバーカーは、自立歩行が可能な人を対象としているので、自立歩行が難しい場合は、歩行器や歩行車が良いでしょう。

シルバーカーの種類見てみましょう。
大体次の4つに分かれます。

1.コンパクトタイプ
  軽量
2.ミドルタイプ
  コンパクトタイプよりも収納量が多い
3.ボックスタイプ
  安定性が高く、肘掛椅子に座れる
4.アルミカータイプ
  アルミかごタイプなので、大きな容量がある

街で良く見かけるのは、ボックスタイプです。
ボックスの中に買いものした品物を入れて押して歩くタイプですね。
疲れたら、ボックスに腰かけて休むことが出来ます。
シルバーカーの重さは約6kg位が標準です。

おすすめは島製作所のマーチAです。
軽量アルミで出来ているので、持ち運びが楽です。
折りたたむと奥行きは1/3になります。

マーチA チェックベージュ (島製作所) (シルバーカー)


↑このページのトップヘ